株式会社メディコン 患者様に役立つ情報サイト(リンク集)医療関係者さま向け情報
ホーム  > 伝えたいこと > 小線源療法が推奨される理由

伝えたいこと小線源療法が推奨される理由【2】

小線源療法が推奨される理由【2】をツイートする 小線源療法が推奨される理由【2】をFacebookでシェアする

前立腺被膜の外に存在する癌

前立腺全摘出術で、被膜の外に癌が出ている程度を詳しく調べた文献があります。
『Davis et al.The radial distance of extraprostatic extension of prostate carcinoma:implications for prostate brachytherapy. Cancer. 85(12):2630-7: 1999.』

下記の画像は、前立腺針生検で採取した組織を顕微鏡で見たものに、データ内容を加え、シード線源を留置したイメージです。

ほとんどが被膜から1~2mm程度の浸潤にとどまっています。つまり前立腺被膜から3mmくらいを確実に治療できれば、ほとんどの前立腺がんは、完治出来る可能性が高いことをこのデータは示しています。

前立腺針生検で採取した組織を顕微鏡で見たもの

<執筆>滋賀医科大学 泌尿器科 岡本圭生先生

Page 2 of 3  << 1 2 3 >>

にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ

このページの一番上へ