株式会社メディコン 患者様に役立つ情報サイト(リンク集)医療関係者さま向け情報

伝えたいこと小線源療法(ブラキ治療)はなぜ再発の少ない治療が可能なのか?
前立腺がんの治療で大切なこと。

前立腺がんの検査と診断スクリーニングであるPSA検査と診断検査としての針生検(バイオプシー)や前立腺がんの重症度であるリスク分類について。

前立腺がんの治療について転移のない前立腺がんの治療選択肢としては、手術療法、放射線療法、ホルモン療法、PSA監視療法があります。

前立腺がんについて

前立腺がん治療について説明をする泌尿器科医前立腺がんの治療法は手術、放射線療法、ホルモン療法、PSA監視療法など数多く存在します。
前立腺がんの診断を受けて頭が真っ白になって、あわてて治療法を決めてしまわないようにしましょう。
患者さんご自身が本当に納得できる治療と思えるまで、セカンドオピニオンもふくめて治療方法をじっくりと探し求められることをお勧めします。

お知らせ

2015.09.16

前立腺がん啓発週間 2015年
(ブルークローバー・キャンペーン)を公開しました。

もっと見る

このページの一番上へ